紛争鉱物方針


証券取引委員会(SEC)は紛争鉱物法を履行するために広範囲に及ぶ規制案を2012822日に通達しました。この法律はコンゴ民主共和国やその隣国の紛争鉱物の使用を報告、公表するようアメリカや他国の会社に要求するものです。9つの隣国は。ルワンダ、タンザニア、コンゴ共和国(コンゴ民主共和国ではない)、アンゴラ、スーダン、中央アフリカ共和国、ザンビア、ウガンダです。

オールセンサーズは、主要な供給企業に紛争鉱物資源をコンゴ民主共和国から入手しないよう求めており、主要な供給企業の年間の調査による情報が正しいかを確かめています。主要な供給企業から得た情報に基づき、我々の認識する限りでは、オールセンサーズはコンゴ民主共和国やその隣国から紛争鉱物資源を使用しておりません。