企業プロフィール

 オールセンサーズは、ピエゾ抵抗型MEMS半導体圧力センサーと圧力トランスデューサーの製造において世界をリードする圧力センサー専業メーカーです。弊社の目的は、高性能で高品質な圧力センサーを製造し世界に提供する事です。オールセンサーズのチームは、テクニカルインフォメーションとカスタマーサービスをお客様に常に提供する事に努めており、優秀で経験豊富なメンバーから組織されています。弊社の圧力センサーは微圧・低圧測定、高精度及び繰り返し精度の向上のため特別な設計がなされています。微圧・低圧、高精度や革新的な技術などにより、オールセンサーズは信頼ある圧力センサーのサプライヤーとなりました。
 
弊社センサーに関するアプリケーションは非常に多くあります。弊社の圧力センサーは微圧・低圧、高精度を要求される環境において優れた性能を発揮します。一般的なアプリケーションの例としては、通風機や、睡眠時無呼吸症候群向け医療機器、酸素供給装置、ドラッグデリバリー、ポータブル酸素供給器、肺活量計、血圧測定、病院のベッド、心電図、HVAC監視機器、建造物監視システム、環境監視システム、リモートセンシング、産業オートメーション、エアーサンプリング、エアー速度測定、リークディテクションなどがあります。これらのアプリケーションの多くは微圧・低圧測定や高精度な測定が必要とされています。
 
 オールセンサーズは、圧力センサーにおいて4つの異なった出力タイプを用意しています。ベーシック出力(未補正センサー)、mV出力(補正済みセンサー)、アンプ内蔵出力、そしてデジタル出力です。弊社のベーシック圧力センサーは、未補正で温度未較正のmV出力センサーです。このタイプのセンサーは、生の出力信号を出力し、温度影響下でのエラーの補正をしていません。このベーシック圧力センサーは使用時に、補正回路を必要とします。ベーシック圧力センサーは使用条件に見合うOEM向けの低価格センサーとして提供されています。

 次の温度補正済みのmV出力圧力センサーは、温度に関して補正され、オフセットやスパンに関しても較正されています。mV出力圧力センサーは、圧力測定の誤差をあまり許容できない使用条件において最適なセンサーとして供給されています。3番目のアンプ内蔵出力タイプの圧力センサーは、mVからV出力へ増幅された出力信号を、較正済みでかつ温度補正済みの出力信号として出力するタイプです。 
 最後のデジタル出力圧力センサーは、これら補正済の出力信号を全てデジタル信号で出力するタイプです。温度補正済みタイプの圧力センサーは、3つの温度範囲:一般用(5⁰C~50⁰C)、産業用(-25⁰C~85⁰C)、軍事用(-40⁰C~25⁰C)で使用可能です。圧力範囲は62.5Pa(¼ inH2O)~1MPa (150PSI)で使用可能です。
 
 オールセンサーズの圧力センサーとトランスデューサーは、実際の使用においてPCB取り付け可能なさまざまなタイプをご用意しています。カスタムポートへのポートフィットやパッケージオプションなど、圧力範囲や性能スペックと同様にカスタマイズが可能です。我々のテクニカルチームは、特別な使用に適応する圧力センサーをご提供できるよう、さまざまな技術面での支援をいたします。
 
  デニス ダウエンハウアー
            オールセンサーズ社長