HOME > アプリケーション > 噴水の圧力

噴水の圧力

 大規模な噴水では水の色や高さを変化させながら吹き出すことで、人々の心を楽しませるようになっています。これは給水装置が水の圧力を時間にあわせて制御することで実現しています。
 より詳細に言えば水、タンク、ポンプ、ソレノイドバルブ、照明、そして非常に意匠に凝ったデザイン設計で構成されたコンピューター制御システムがこれを実現しています。意外なことに世界で最も有名な噴水の1つであるラスベガスのベラージオ噴水では白色光のみが使用されています。しかし噴霧器の数と高さが色の不足を補い、この噴水がある壮大なホテルに見合う噴水を生み出しています。
 噴水には1,200を超える噴霧器があり、フィナーレで460フィートの水を噴射する16のスーパージェットが含まれています。Wet Design社による4種類のシューターがこれを構成しています。
 
・77フィートの高さまで水を吹き出すProgrammable oarsman
・100フィートの高さまで水を吹き出すMinishooter
・240フィートの高さまで水を吹き出すSupershooter
・最高460フィートの高さまで水を吹き出すExtreme-shooter
 
各種類ごとに設計は異なっていますが、例えばSuperShooterには、高さ12フィート、直径1フィート、容量約765ガロン(2900L)のタンクがあります。60(230L)ガロンのレシーバーに200 psiで貯蔵された空気がタンクに放出されると、水は最大240フィートまで上昇します。必要な圧力は高さによって大きく異なり、より小さなタンク、小さなシューターの場合では水を10〜12フィートの高さに吹き出すのに必要な空気圧はわずか数psiだけです。


クルーズ船の噴水は人々を楽しませる役に立っています。