HOME > news > news20200615

プロパンによる運転と圧力について

2020年06月
 
液化石油(LP)ガスまたはプロパンは一般的に暖房に使用されますが、特に屋内で使用すべきものに動力を供給する目的で使われることがあります。フォークリフト製造業者は、ディーゼルまたは電気バージョンに加えて、プロパンバージョンを提供することがよくあります。 プロパンバージョンは、ディーゼルの代替品として供給され、屋内および屋外の両方の操作に適しています。プロパン駆動のフォークリフトは、追加のタンクを使用することで要求された時間まで作業ができるような遠隔地でも使われます。タンクが空、または、ほとんど空の状態であることを計測機が示している場合、タンクの交換は比較的簡単です。 プロパンタンクの圧力は、特にタンクが太陽の光にさらされている場合、100から200 psiまたはそれ以上の範囲に及ぶ可能性があり、タンク容量を正確に示す良い指標とは言えません。したがって、消費者向けプロパンタンクで使用されている測定器と同様のものを使用し、プロパンの残量を大まかな圧力で表示します。
 
本アプリケーションにはパレリンコーティングのプラスティックパッケージモデルがございます。
 

 

X